iFeed

マーケティングやテクノロジーなどの話題を中心に、ビジネスをデザインしていくブログ。気になる社会情勢なども睨みつつ、未来志向で思ったことを綴る。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
待ちに待った「MODIPHI APPS」がローンチ!早速レビューしてみる

昨日リリースされた【MODIPHI】の正式サービス。媚を売ってない機能とデザインがとっても気に入った。いつもfirefoxのタブでGmailやGoogleドキュメントとかを開きっぱなしにしているように、MODIPHIも常駐させる。

モディファイ、「MODIPHI APPS」正式版の提供を開始--RSSフィードでビジネスを“2.0化”-CNET Japan
クラウドコンピューティングの世界においては、Googleやマイクロソフトといった大手企業が広範なサービスを使って構成する「大きな雲」がプレゼンスを持つが、同時に特定の分野に必要な機能やデータを小回りよく提供する「ミニ・クラウド」にも、存在価値が出てくるという。小川氏はMODIPHI APPSを、このミニ・クラウドになぞらえ「ウェブビジネスを2.0化するための“キン斗雲”として提供していきたい」とした。

MODIPHIには、feed形式での情報に対し、「収集、生成、統合、配信、解析」する機能が与えられている。キャプチャもせず、つたない説明で申し訳ないが、下に軽くレビューします。

「feedを読む(収集)」機能である「READER」

このREADERはキーボードショートカットを使うことで、大量の記事をスピーディに、どんどんどんどん読むことができる。時間に追われ続けるビジネスマン達は、忙しい時間をやりくりして、いかに有益な情報を豊富に取り込むかということに、頭を悩ませているかと思うが、そんな方々にうってつけのツールだ。ぜひ使ってみて欲しい、というより、使わなければ時間を損すると言ってもいい。俺の使い方は、シャッターと言われる個別エントリーごとの記事を開き、WIN+F11キーでブラウザ全画面表示にしたあと、右手は↓でスクロール、左手はNキーもしくはPキーにて、ページのUP&DOWN。これでAjaxにて読み込まれる膨大なFeedをどんどん読んでいく。Google readerもいいが、キーボードショートカットを利用した一気読みスタイルなら、MODIPHIのREADERの方が絶対に情報の消化が早い。feedの全文検索も備わっているので、新たな情報収集もばっちりカバーされている。

「feedを生成する」機能「feedMS」
「生成されたfeedを統合して表示する」機能「Widgets」

MODIPHIのコアとなるRSS/feedとコンテンツの生成を行う機能。記者会見での説明では、MovableTypeを競合と位置づけ、「WebサイトのCMSと、WebデータのCMS」という差別化を説明したそうだ。こいつは非常に興味深い。Webに従事しているわけでもなく、日々の運用に精通している側でない「俺」程度のITリテラシーでは、使いこなすイメージにはまだ程遠いのだが、いくつかのfeedをまとめてひとつのHTMLページに表示できるので、コンテンツ不足を補完したり、人的リソースが裂けない企業のWebサイトを常にアクティブな状態にできる可能性がある。実際に自分でやっていないので可能性としか言えないが、公共情報や特定の情報を日々手作業で行っている運用体制なら、feedMS&Widgetsが解消してくれるだろう。また、自分達のビジネスにマッチしたコンテンツを動的に提供するサイトを構築したいが、できなかった中小企業など、ニーズは高いだろうね。著作権とかには多少の配慮が必要かもしれないが、そこはマナーの問題だろう。

「feedを解析する」機能「feed Metrix」
MODIPHIで配信したfeedを解析する機能。どのRSSリーダーでどれ位購読されているか、日毎、リーダー毎のグラフ表示をしてくれる。feed解析ってのはFeedBurnerが一般的だろう。真っ向から衝突するサービスだが、収集、生成、統合、配信、解析とFeedの総合一元管理できる点で、MODIPHIの方が使うメリットが高い。なんつっても日の丸サービスだしね。ちなみに、feedMSで生成した自分のfeedを、modiphibotがクロールしてくれるとこまでは確認した。グラフ表示にさりげなくAjaxが使われているのもクールだ。

使っていると、このMODIPHIがベータ公開から約1年間をかけて、ビジネスモデルや提供サービスについて思考をめぐらして辿り着いた答えだ!って感じがすごく伝わってくる。このサービスと一緒に、自分の思考も整理して発信していくのが楽しみに思える。下に本ブログのfeedと、MODIPHIで生成した自分のfeedをまとめてWidgetsで作成したブログパーツの見本(しょうもない見本でスマソ)を貼っているので、どうぞ。ちなみに、ブログパーツの表示機能も様々な形式がカバーされています。見本はエントリーのタイトルと、フィード名、更新時間を表示させたもの。タイトル以外はクリックしない方がいいけどね。しばらく、色々触りまくってみよ。




新・データベースメディア戦略。オープンDBとユーザーの関係が最強のメディアを育てる新・データベースメディア戦略。オープンDBとユーザーの関係が最強のメディアを育てる
橋本 大也 宇佐美 進典 潮 栄治

インプレスジャパン 2008-03-28
売り上げランキング : 7370
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


JUGEMテーマ:ウェブビジネス

| akihikoikeda | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「MODIPHI」が縮小運転中、バージョンアップが19日にお目見えだ

MODIPHI
朝見たら15:00までのメンテナンスとアナウンスされていたが、今現在フィードリーダーのみの縮小運転に切り替わってる。リニューアルの移行作業が難航しているのかもしれないが、代表の小川氏は先月の自身のブログで以下のように語っている。

feedpath閉鎖は残念だが、フィードアグリゲーションサービスはこれからが本番-Speed Feed
来月これまでで最大、二回目のmodiphi.comメジャーバージョンアップを行なう。もしかすると、数日間サービスの停止を余儀なくされるかもしれない。ネットサービスでそれだけの停止期間というのはユーザーに相当の迷惑をかけることだし、致命的かもしれないが、僕たちとしてはフィードアグリゲーションとオンデマンドのデータベースサービス事業を推進するためにどうしても必要なことだ。

大丈夫、我々ユーザーはずっと見ていたから信じてるよ。このメンテナンス画面が切り替わったとき、「筋斗雲」の全貌を見せてくれるんだよね。それこそがセマンティックWebへの扉であり、オンデマンドデータベースとはこういうことだってのを見せてくれる時なんだよね。

本当に、ワクワクして待ってるよ。

追記
どうやら俺のはやとちりだったようで、メンテ画面はたまたまだったみたいだね。小川氏は今日のブログで、移管作業突入をリリースしてます。
MODIPHIの正式版公開への準備始まるー新型フィードリーダーを先行公開-Speed Feed
RSSフィードとコンテンツの生成側というコアサービス、早く見てぇ。。


ヤバい情報収集術ヤバい情報収集術
小川 浩

中経出版 2007-02-14
売り上げランキング : 157264
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



JUGEMテーマ:インターネット
| akihikoikeda | 16:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
New entries
Recent comment
  • 「MODIPHI」が縮小運転中、バージョンアップが19日にお目見えだ
    hiro ogawa (05/12)
Recommend
Profile
Categories
Archives
Web Activity
Amazon Recomend
twitter
Admin
Genius Party