iFeed

マーケティングやテクノロジーなどの話題を中心に、ビジネスをデザインしていくブログ。気になる社会情勢なども睨みつつ、未来志向で思ったことを綴る。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Webをやりたい人間がするべきだという話

Daily News Papers
Originally uploaded by faungg
This photograph is quoted from Flickr.

昨年末からJ-CASTニュースで始まっている連載が興味深い。
連載見出し一覧→ 1〜2回3回目以降

連載タイトルがズバリ「新聞崩壊」だ。
08年12月30日から第1回が開始されているが、すでに9回というハイピッチで進んでいる。内容も多方面の著名人に対するインタビュー形式という充実ぶりで業界動向などかいつまんで網羅されているのでなかなか面白い。

なかでも人気のブログ「mdia pub」を運営している田中善一郎のインタビューは面白い。
米国の新聞業界が経営危機に直面し、どう乗り越えるかという意志決定として、紙媒体の広告収入が減少しようとも、Webにシフトしていくと決断している。という話。とても身につまされるものがある。
 米国の新聞は決断した 「紙が減ってもウェブ中心でやる」
(連載「新聞崩壊」第5回/アルファブロガー・田中善一郎さんに聞く)


日本との事情の違いは、米国の新聞は早い段階から部数減少が表面化していたが広告収入は順調だったという話。経済の強さがそのまま広告収入に反映されていたために対応が遅れたという点。そして早々に紙媒体による収益には見切りをつけ、一気にWebへと主戦場を変える決断をしているという点。収益下降の状況は同じでも、日本の対応とは大きく違う。国内の新聞社ではほとんどがいまだにWebへのシフトという明確なビジョンは出していないだろうし、部数が減ることは解っていて、広告集稿も危ういことがわかっていたのに未だ対応策を決めかねているということ。そして一気に世界不況の始まりが状況悪化に拍車をかけていくにもかかわらず、、、という歯がゆさを感じる。考えるに国内の新聞社は、自分たちが何か手を打とうとするよりも、米国の新聞社が日本語に翻訳した日本国内の情報サイトを展開する方が早いかもしれないとかいう危機感は持っていないんだろうか?甘いよ。米国内で紙媒体では儲からないとなれば、Webで世界市場を視野に入れるってのは単純な発想だし、新聞社というレベル以上の記事を提供できるリソースを世界規模で持っているわけだから、フォーメーション決めればすぐに着手できる。国内の競合同士で牽制しあってる間に自分たちの市場を全部持っていかれちまう。

心境的に心惹かれた一文は下記のくだり
やっぱり、ネットはやりたい人がやるべきです。紙媒体がダメになりそうだから、しかたなくネット媒体をやらされるでは成功しないはずです。意欲的にネット 媒体に転身したいという若い人が増えてくればいいのですが。外部の血を導入するのも必要では。オンラインメディアに長けたネットベンチャーを買収するくら いでないとうまくいかないかもしれません。
やりたい人がやるべき。そうだよな。

新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書)新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書)
河内 孝

新潮社 2007-03
売り上げランキング : 11953
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

JUGEMテーマ:ビジネス
| akihikoikeda | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【making】Webサービスを考える

 今日からここで、Webでの事業化の思考実験をしていきます。自分の中で整理をしていくためにアウトプットしていきますので、話はあちこち飛ぶと思いますがご勘弁。

まず、事業のプラットフォームとなるWebサービスの使命としては当たり前ですが、新たな収益構造を生むこと。我々が資産としてあるのは現在取引させていただいている流通各社がメインとなりますが、この流通各社が参加することにメリットを感じるサービスでなければ、収益は生み出せません。では、流通各社が参加したいサービスとは何か?それはお客さんが増えると見込めるサービスでしょう。

Webサイトには大きく分けて2種類あり、サービスサイトとマーケティングサイトが存在しています。これに関しては後日また書きますが、現時点において我々が手がけるべきなのはサービスサイトだと感じています。今、Webでは大概のことが可能です。物事を調べる、商品を買う、誰かとコミュニケーションを取る。極端にいえば、一年中家からでなくても収入を得て必要なモノを買い、暮らしていくことができてしまいます(あくまでも極論ですが)。しかし、流通各社はそれでは商売になりませんし、人としての生活も味気ないものに感じるかもしれません。人は社会の空気に触れることで、より豊かに感性や感受性を磨き、価値観が育まれていくと思っています。そういった観点から、ユーザーが集いカジュアルに言葉を発することができるサービスであり、だからこそクライアントが参加することに意義が生まれるというサービス。現段階においてクライアントの参加は広告であったり、物販であったりということは一切考えません。まずはユーザーが純粋に楽しめるサイト。それが最も重要なことだと考えています。

そしてユーザーが純粋に楽しめるイメージとは、こんな理想を考えています。リアルな人同士の心地よい距離感で生まれる触れあいを、かいつまんで触れることができるサービス。つまりリアルをお試しできるサービス。Webのカテゴリーで言えばSNSやブログのようなソーシャルサービスです。情報をユーザーが発信し、違うユーザーが受け取って返信することができる。ただし、そのコミュニケーションが煩わしく感じてしまってはいけない。日常生活においても例えば、公園で子供を遊ばせながらお友達と話しをする。しかし、メインは子供を遊ばせることなのでコミュニケーションはほどほどにしておかなければなりません。既存のブログやSNSが必ずしもそういった機能にはなっていないと思うのです。ブログに投稿するにしてもある程度の時間を要したり、SNSでコメントをもらったときに返信しなければいけないような空気が流れていたり、コミュニケーションを煩わしく感じる側面も持っています。これではユーザーは疲れてしまいます。ゆるやかなコミュニケーションを行えるサービス。現時点であるサービスとしてはTwitterですね。ただ、コミュニケーションするだけではなく、ここに地域情報を集約することが必要になります。以降はまた後日。

機能要件をイメージするためにメモ書き
リアルとWebとの境界線を4段階に定義すると、サービスイメージが浮かび上がっていく。
〇業の中心にWebアプリケーションがある。
△修粒安Δ砲録堯垢離如璽織戞璽垢API群がある。
その外側にアプリケーションを投影するPCやモバイル機器がある
 人々はここから情報を得る。
い修靴討修粒安Δ砲△襯螢▲襪弊こΔ砲いて、得た情報をもとに
 生産や消費活動を行う。

い鮓据えながら、を定義し、△箸離泪奪轡絅▲奪廚任匹里茲Δ淵機璽咼垢鯏験していくか?を突き詰めた先に,料澗料の輪郭が見えてくる。

アンビエント・ファインダビリティ―ウェブ、検索、そしてコミュニケーションをめぐる旅アンビエント・ファインダビリティ―ウェブ、検索、そしてコミュニケーションをめぐる旅
Peter Morville 浅野 紀予

オライリージャパン 2006-04
売り上げランキング : 168878
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| akihikoikeda | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
New entries
Recent comment
  • 「MODIPHI」が縮小運転中、バージョンアップが19日にお目見えだ
    hiro ogawa (05/12)
Recommend
Profile
Categories
Archives
Web Activity
Amazon Recomend
twitter
Admin
Genius Party