iFeed

マーケティングやテクノロジーなどの話題を中心に、ビジネスをデザインしていくブログ。気になる社会情勢なども睨みつつ、未来志向で思ったことを綴る。


Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
今年のF1はまだ、琢磨が太陽であるべきだぞ

佐藤琢磨がF1ドライバーになるまでの純粋な思いや、ひたむきな努力や、弱小チームでも夢を見せてくれるドライビングがあったから、今年も応援していたんじゃないか。

圧倒的に不利なマシンながら勇敢な走りで観衆を驚かせていた佐藤は「これまではSAF1と共にレースすることに全力を投じてきたので、いまはまだ次に進む道がどうなるのかはわかりません。マネージャーとともに今後の可能性を探り、しかるべきときがきたら発表するつもりです。しかしながら、僕はF1から引退するつもりはまったくありません。僕は今まさに、自分自身これまでのなかで最高のドライビングができる状態にあると信じていますし、僕のこれまでのキャリアを通じて信じられないほど熱心にサポートしてきてくれた日本や世界中のファンのみなさんに、もっともっと力強いレースをお見せしたいのです」とコメントを残している。

ビジネスとしてどんな思惑が働いたかは知らんが、琢磨のブランクは長引くとF1人気に悪影響がでるぞ。「ウィリアムズ&中嶋一貴」と「純和製チームin琢磨」だったら後者の方がよっぽどハートを揺さぶられる。別に一喜がどうこうってんじゃなくて、琢磨じゃなけりゃ感情移入できないモンがあるわけよ。一喜は今年F1に参戦したばかりで、勿論親父の偉業も手伝って、今輝いちゃいるが、仮にライコネンやハミルトンと一喜がバトルしたって、あまり感情移入しないね。一喜のパーソナリティの輪郭ができるまでにはまだ時間がかかるだろ。琢磨と戦う姿が一喜のパーソナリティ形成にも必要だろーが。今年はまだ、琢磨が太陽で、一喜が月のような立ち位置なんだよ。

勿論、一喜のためじゃなく日本のF1ファンのためにも琢磨には走らせなきゃ。例えばよ、TVの番組表見ててフジの深夜枠に「F1グランプリ」の文字を見たとき、「おっ今日F1あるんだ!」って思いながら浮かべるのは一喜じゃなく、まだ琢磨の顔だろ?んで、琢磨がアグリに移って以降、貧弱なマシンでも熱く光る瞬間を見せてくれていたから、記録には残らなくても心に残る存在になってるんじゃないか。F1はナショナリズムが色濃くあるスポーツなんだから、日本のF1ファンは落胆したまんま不完全燃焼の思いがくすぶっちまうよ。琢磨よ、すぐに戻る道を見つけてくれ。バーニー・エクレストンよ、ルール捻じ曲げてでもなんとかしてやってくれよ。


FORMULA TAKUMA (講談社MOOK)FORMULA TAKUMA (講談社MOOK)
佐藤 琢磨

講談社 2008-03-07
売り上げランキング : 4815

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


JUGEMテーマ:F1

| akihikoikeda | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:16 | - | - | pookmark |
Comment







Trackback

New entries
Recent comment
  • 「MODIPHI」が縮小運転中、バージョンアップが19日にお目見えだ
    hiro ogawa (05/12)
Recommend
Profile
Categories
Archives
Web Activity
Amazon Recomend
twitter
Admin
Genius Party