iFeed

マーケティングやテクノロジーなどの話題を中心に、ビジネスをデザインしていくブログ。気になる社会情勢なども睨みつつ、未来志向で思ったことを綴る。


Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
スパムの語源をはじめて知った、スパム生誕30周年
へぇ、スパムって喰いモンの名前だったんだ。言われてみると、ロゴに見憶えがあるな。


スパムメールに詳しいブラッド・テンプルトン(Brad Templeton)氏によると、「スパム」の語源はコメディ番組「モンティパイソン(Monty Python's Flying Circus)」のワンシーンに由来するという。それは、どのメニューにもスパム(ランチョンミートの缶詰)が必ず付いてくるというレストランで、「スパム」という言葉がうんざりするほど繰り返される歌をバイキングの一団が合唱する場面だ。かくして、スパムには「何度も繰り返されることで人々を大いに困らせるもの」の意味が付されるようになったという。

Wikipediaでも同様の記載がされている。そもそもモンティパイソンのワンシーンに使われた理由としても、SPAMは愛好者が出るほど、その味にはまればファンになるそうだが、塩味がきつく毎日出されると飽きてくる味。しかし、第二次大戦中は兵士に毎日のように与えられたことから、「同じ味の繰り返し」を意味する言葉として使われるようになった。メーカー側はSPAMは商標なので、迷惑メールに関してはspamと小文字表記を提案していると。んー、大人な対応だが、心中穏やかとは決して言えないだろうね。

Gmailのアカウントホルダーにきてる80%がスパムってーのも驚くべき数字だし、昨年の全米におけるインターネット詐欺被害総額が約250億円ってーのもすごすぎる。いったいどうやって騙されちゃったのさ。んでも、こうやって聞くとGmailのスパムフィルターってスゲエのね。受信トレイまで辿りつけても、ほぼ確実にスパムフォルダ行きになってるから、スパムで嫌な思いしたことないもんな。


Gmail Book―Web mail2.0Gmail Book―Web mail2.0
魚輪 タロウ

毎日コミュニケーションズ 2007-03
売り上げランキング : 25356
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


JUGEMテーマ:記念日は今日!?


| akihikoikeda | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 13:15 | - | - | pookmark |
Comment







Trackback

New entries
Recent comment
  • 「MODIPHI」が縮小運転中、バージョンアップが19日にお目見えだ
    hiro ogawa (05/12)
Recommend
Profile
Categories
Archives
Web Activity
Amazon Recomend
twitter
Admin
Genius Party