iFeed

マーケティングやテクノロジーなどの話題を中心に、ビジネスをデザインしていくブログ。気になる社会情勢なども睨みつつ、未来志向で思ったことを綴る。


Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
WEBがすべてを変えていく
Blackverryって画像で見るとイケてるんだよな・・・手に取ると興味が消えるんだけど。
なぜかと言えば、小さすぎるのが欠点だと思う訳よ。プロダクトデザインとしての抑揚ある曲線やメタルの使い方などに「美学」を感じるのだけれども、小ささがチャチさになってしまってると思う。

んで、本題のウェブが政治を変えた年ってことだけれども、変えた土台はウェブの持つインタラクティブな機能が、便利機能として掲示板などを生み、BlogやwikiやSNSのようなCMSの普及に繋がっていった。そこからコンテンツ利用という着眼点が生まれてCGMというアプローチによるメディアを作りだし、より頻度の高い活動ができるマイクロブログ、WEB上の活動を集約できるアグリゲーションサービスへと発展してきたのが、今年の大統領選でうまく活用されたということなのだろう。

派手なウェブサイト、Eメール、動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」、「マイスペース(MySpace)」や「フェースブック(Facebook)」などのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、マイクロブログサービス「ツイッター(Twitter)」など、ありとあらゆるネットツールを活用して情報交換、資金集め、組織作りを行うというオバマ陣営の選挙スタイルは、すでに海外にも波及している。
しかし、ソーシャルサービスをここまで駆使して群衆に訴えかけるんだから、優秀なチームなんだろうねぇ。
オバマ氏のニューメディアチームは、これまでめったに表に顔を出すことはなかったが、今月ニューヨーク(New York)で開催されたWeb 2.0と政治の関係をテーマにした公開討論会に、チームのジョー・ロスパース(Joe Rospars)、スコット・グッドスタイン(Scott Goodstein)、サム・グラハムフェルセン(Sam Graham-Felsen)の3氏が登場した。すべては、3人がたった1台のスマートフォン、米アップル(Apple)の携帯電話端末iPhone(アイフォーン)を共有するところから始まったという。
iPhoneを使って連絡を取り、そのiPhoneを3人で共有してたということか。全米を巻き込んだ3人ということになるのかな。見習わないと。

ソーシャル・ウェブ入門―Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方ソーシャル・ウェブ入門―Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方
滑川 海彦

技術評論社 2007-04-07
売り上げランキング : 90249
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

JUGEMテーマ:iphone
| akihikoikeda | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:16 | - | - | pookmark |
Comment







Trackback

New entries
Recent comment
  • 「MODIPHI」が縮小運転中、バージョンアップが19日にお目見えだ
    hiro ogawa (05/12)
Recommend
Profile
Categories
Archives
Web Activity
Amazon Recomend
twitter
Admin
Genius Party