iFeed

マーケティングやテクノロジーなどの話題を中心に、ビジネスをデザインしていくブログ。気になる社会情勢なども睨みつつ、未来志向で思ったことを綴る。


Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
誰が世界を変えるのか?答えはtwitterだったか

My Twitter Class of '08
Originally uploaded by mallix
タイトルは大げさだったかもしれないが、Twitterが、その本質的ベールを脱いできた。

騒がれ続けて久しい、数百万人のつぶやきを集めたWebserviceが、本領を発揮するのはもう時間の問題なのだろう。

Twitterが強力なニュースメディアに(その1)
ーメディア・パブー

おそらく集客施設の広告宣伝における未来はこうなっていく。なっていくというか、現時点のソーシャルメディアを取り巻く環境が正常進化していくのであれば、その流れを最大限活用するべく、こうするのが最も正しく効率的でカッコいいと思われる。

‐Χ隼楡瀑發法Twitter放送局」というものを持つ。
まあ、いまクリティカルマスなストリーム機能を持ったソーシャルメディアはTwitterだからTwitterとする。もしかすると今後、自前のストリーム機能を持ったシステムとか、サービスとかがブレイクしていけば、取って代わる可能性はあるとしても、今はTwitterを前提に書いていく。
Twitter放送局はネットに繋がったPCとスタッフ2名で運営する。なぜ2名かというと、食事やトイレなどで情報の発信ロスを生まないため。商業施設の営業時間によっては交代勤務等でもう少し必要になるかもしれないが、今は面倒くさいのでそれは割愛する。
 
∋楡瀑發離謄淵鵐肇好織奪佞函∧送局スタッフはインカムで音声によるやり取りをする。
その日のオススメ情報や商品の入荷情報など、集客におけるあらゆるネタを放送局スタッフが自らにインプットし、Twitterに向けてアウトプットしていく。さながらラジオのパーソナリティ的な気分で行うと、見るモノもより楽しく情報を受け取ることができるだろう。

商業施設の商圏内に住む人々は、携帯電話を使い興味ある施設のTwitterをフォローするだけでいい。
放送局が日々の情報、、日々の情報どころではなく、今この瞬間の情報を生活者に向けて発信しているのだから、フードコートの混雑状況から駐車場の情報も含め、家にいながらにして把握することが可能になる。そして、お目当てのテナントの情報をもっと詳しく知りたければ、Twitterに向けてReplesすれば、放送局が答えてくれる。

放送局は生活者の問いに答えるだけでなく、更にレコメンドした情報とともに、来店を促すよう情報発信していくんだ。勿論これは、誰もができるわけではないだろう。施設のPR情報を集約しながら、どのようなメッセージを綴ればより多くの生活者が反応するかという作業には、運営、広報、ライティング等のスキルを多少なりとも要するだろう。生活者と施設全体をコントロールしていくという能動的な取組みだ。そして優秀なスタッフは、各施設からスカウトの声がかかり、街の人気と共に大きなリターンをも得ることができていく。。。

なーんて夢想もアリなんでないの。。。あながち不可能じゃねーと思うしね。


誰が世界を変えるのか ソーシャルイノベーションはここから始まる誰が世界を変えるのか ソーシャルイノベーションはここから始まる
東出 顕子

英治出版 2008-08-18
売り上げランキング : 11239
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| akihikoikeda | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:21 | - | - | pookmark |
Comment







Trackback

New entries
Recent comment
  • 「MODIPHI」が縮小運転中、バージョンアップが19日にお目見えだ
    hiro ogawa (05/12)
Recommend
Profile
Categories
Archives
Web Activity
Amazon Recomend
twitter
Admin
Genius Party