iFeed

マーケティングやテクノロジーなどの話題を中心に、ビジネスをデザインしていくブログ。気になる社会情勢なども睨みつつ、未来志向で思ったことを綴る。


Entry : main   << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
能力を持つ者と無能な者(中途半端のまま更新^^)

SMARTへのfeedテストも兼ねつつ、会社の若手達の仕事について議論する機会があって、すこし考えさせられることがあったので、久しぶりにエントリーしてみる。



ピーターの法則


1.能力主義の階層社会に於いて、人間は能力の極限まで出世する。

  すると有能な平(ひら)構成員も無能な中間管理職になる。


2.時が経つに連れて人間は悉く出世していく。無能な平構成員は

  そのまま平構成員の地位に落ち着き、有能な平構成員は無能な

  中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人間で

  埋め尽くされる。


3.その組織の仕事は、まだ出世の余地のある、

  無能レベルに達していない人間によって遂行される。


Wikipediaより



これは、自分の能力を超えて出世してしまうと、本来発揮すべき能力を生かす場がなくなり、そういった人が持っていないスキルのステージで評価されると、無能扱いされてしまうということを説いており、そうした人事を繰り返すことによって組織は無能の集まりとなる。その連鎖が実際には、一握りの有能な人間によって仕事が進んでいっているという、特に業績不振になる中小企業にありがちな状態。


この法則を前に、あなたなら下の質問から、どれを選ぶだろうか?


①地位が上がって無能扱いされるぐらいなら、今の地位で有能であり続ける自分。

②無能と言われようが出世していい給与や待遇を得、私的な世界を充実させる自分。

③それぞれのステージで有能であるために、勤勉と鍛錬、そして情熱を注ぐ自分。


①を選ぶ場合、それは同じ仕事が将来に渡って同じ価値を生んでいけるか?をよく考えた方がいいだろう。技術の進化や社会情勢の影響など関係なく、その価値を保ち続ける仕事かどうか?

②を選ぶ場合、何も言うことはありません。さっさと無能に達してください。

③を選ぶ場合、勤勉や鍛錬に加えて、苦しい仕事を積極的に乗り越える才能がなければ、どのようなステージでも通用する自分を作っていくことは難しいだろうし、そこには覚悟も必要だろう。


上司からしてみれば当然、③を選ぶ人であって欲しいわけだが、日常の中でどれほど積極的になれているだろうか?あんまりレベルの低いことを長々と書くのもアレだし、俺のブログタイトルと同じ名のiPhoneアプリを見つけちまったので動揺してきたから今日はここまで。



ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術

日本実業出版社 2009-06-29
売り上げランキング : 5928
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| akihikoikeda | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 12:16 | - | - | pookmark |
Comment







Trackback

New entries
Recent comment
  • 「MODIPHI」が縮小運転中、バージョンアップが19日にお目見えだ
    hiro ogawa (05/12)
Recommend
Profile
Categories
Archives
Web Activity
Amazon Recomend
twitter
Admin
Genius Party